Privacy Policy

個人情報保護方針

株式会社Rosso(以下、「当社」といいます)は個人情報の保護を重要事項として位置づけ、「個人情報保護方針」を以下のとおり定め実施して参ります。

1、PMSの策定と継続的改善
当社の役員及び従業員は個人情報保護の重要性を認識し、個人情報を保護するためのPMSを策定し、これを実施し、維持し、継続的に改善します。
2、個人情報の取得、利用、提供
当社の事業内容及び業務実態に応じた、個人情報を取得・利用・提供するにあたって、当社が定めた規定に従い適切に取り扱います。事前に取得目的を明確にし、事業目的を達成する範囲で取得・利用を行います。無断での取得・利用をしないとともに、本人から同意を得た目的外の利用を致しません。また、当該個人情報は同意がある場合及び法律上要求されている場合以外は、第三者への提供を致しません。
3、安全対策の実施
当社は、個人情報が社外に流出し、不当に改ざんされるトラブルを引き起こさないよう、規定を定め安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えいを予防します。
4、権利の尊重
当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報について開示、訂正、削除を求められたときは、社会通念や慣行に照らし適切に対応します。
5、法令・規範の遵守
当社は、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、全社員が個人情報保護の重要性を理解し、適正な取扱い方法を実施します。
6、個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善について
当社は、個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善を行います。
7、個人情報の取扱いに関するお問い合わせ先
情報セキュリティ委員会
TEL:03-6427-9037
FAX:03-6427-9097
Email:security_rosso@rosso-tokyo.co.jp
営業時間:9:30 - 18:30(土日祝を除く)
制定日:2012年7月25日
改訂日:2015年1月5日
改訂日:2015年4月2日

株式会社Rosso
代表取締役 鹿庭 貴志

個人情報の取り扱いについて

1、個人情報の運用について
当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守するため、
日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」(JIS Q 15001)に準拠した
個人情報保護マネジメントシステムを策定し、適切に運用いたします。
2、個人情報の利用目的に関する公表事項
当社は、事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供を行います。
それには特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないこと及び
そのための措置を講じることを含みます。
3、個人情報の委託・提供について
当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合には、十分な保護水準を満たした者を選定し、
契約等により適切な措置を講じます。
当社は、本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。
4、個人情報の漏えい、減失への是正処置について
当社は、個人情報の漏えい、減失又はき損の防止及び是正のための措置を講じます。
5、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談への適切かつ迅速な対応に努めます。
また、当社が保有する開示対象個人情報の開示等の求め(利用目的の通知、開示、訂正・追加又は削除、
利用又は提供の停止)を受け付けます。
開示等の求めの手続きにつきましては、「個人情報の取扱いに関するお問い合わせ先」までご連絡ください。

苦情のお申し出は次の認定個人情報保護団体でも受け付けております。

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会
 個人情報保護苦情相談室
 〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号六本木ファーストビル内
 03-5860-7565 / 0120-700-779
※当社の商品・サービスに関する問合せ先ではございません。
6、開示対象個人情報の「開示」「訂正」等の請求について
開示対象個人情報については、開示対象個人情報の本人またはその代理人からの利用目的の通知、開示、変更等(内容の訂正、追加または削除)、利用停止等(「利用の停止または消去」「第三者への提供の停止」)の求めに対応させていただいております。

A.開示等の求めの申し出先、提出していただく書面等

開示等の求めは、電話又は電子メールにて下記までお申し付けください。開示等の求めに際して提出していただく書面等については、その際にご案内いたします。

■電話による場合

03-6427-9037
株式会社Rosso 取締役 執行役員 川畑和成
受付時間:9:30~18:30(土日祝を除く)

■電子メールによる場合

株式会社Rosso 取締役 執行役員 川畑和成
security_rosso@rosso-tokyo.co.jp
B.開示等の対応に際して、本人確認のため、下記のいずれかの有効な写しを提出願います。

住民票
運転免許証
健康保険証
パスポート
写真付住民基本台帳カード
代理人からの開示等のご請求につきましては、代理人確認のため、上記の他、以下の有効な写しが必要となります。

本人からの委任状
代理人の印鑑証明書
C.開示対象個人情報の利用目的の通知、開示の手数料について

(1)1回の申請ごとに下記手数料が必要です。

手数料:500円(税込)


※郵送料については、実費をご負担いただきます。

(2)手数料等の支払方法

費用のお支払方法は、手数料および郵送料分の郵便定額小為替を申請書類に同封してください。(郵便局にお支払いいただく手数料は申請者のご負担です。また、郵便定額小為替は無記名でお願いします。)なお、郵送料は郵便定額小為替に代えて同額分の切手でお支払いいただくこともできます。その場合も、手数料 1,000円は郵便定額小為替でお支払いください。

D.開示等の求めに対する回答方法

申請者の申請書面記載宛に書面(eメール含む)によって回答いたします。書面以外での方法による回答をご希望される方は、手続き時にその旨ご連絡ください。

E.非開示事由について

以下の1~7に該当する場合は、非開示とさせていただきます。非開示を決定した場合は、その旨、理由を付記して通知いたします。

1.申請書に記載されている住所、本人確認のための書類に記載されている住所、
 当社に登録されている住所が一致しないときなど本人が確認できない場合
2.代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
3.所定の申請書類に不備があった場合
4.開示の求めの対象が開示対象個人情報に該当しない場合
5.本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
6.当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
7.他の法令に違反することとなる場合