採用情報

採用情報

Recruit

社員インタビュー

未来は予想もつかない方が、
きっとわくわくする。

システムソリューション事業部

営業部

M.A

青木 真美 就職活動をしていた頃は、絶対にこれがやりたいなんてものはなかった。だから、面接で目標を聞かれるたびに、何て答えればいいのかわかりませんでした。そんな時、出会ったのが当社の代表。「目標なんてなくていい。興味があれば、それで十分だよ。」そんな代表の言葉が胸にすとんと落ちてきたんです。実際、それまでITのことなんてまったく知りませんでした。まずはエンジニアになろうと思って勉強を始めたけど、わからないことが多くて落ち込んでばかり。青木 真美そんな私を見て、代表が「だったら営業をやってみたら?」と言ってくれて。それで、営業に挑戦してみることにしました。当時、営業チームはまだ立ち上げたばかり。中心となるメンバーも同期の女子3人だけでした。経験のない若手に新しいことを任せるのは、会社としても勇気のいること。でも、可能性を信じて任せてしまえるところが、Rossoのすごいところだと思うんです。いろんな会社に訪問をして、いろんな方とお会いして。最初はお客様が何を言ってるのかもわからなかった。でも、勉強していくうちに、ちょっとずつ信頼してもらえる場面が増えてきました。今はとにかく「青木さんだから聞いたんだよ」と言ってもらえることが嬉しいですね。こんなふうにお客様と話をしている自分なんて、入社する前は想像もつかなかった。上司からも「変わったね」と言ってもらえました。予想もつかない自分に成長していけることが、今はすごく楽しみなんです。

仲間がいる、成し遂げたいことがある
だから面白い

システムソリューション事業部

アプリケーション開発部

GM Y.S

齋藤 良徳 前職では社内SEとして、VB.NETの業務系アプリケーションの設計・開発をメインにインフラ業務やセキュリティの強化など、さまざまな経験や知識を培ってきました。しかし、幅広い業務をこなしていく中で「本当にやりたいことはこれなのだろうか?」と考える機会が増えていました。エンジニアとしてものづくりをし続けたい思いとスキルアップしたいという思いから転職を決意しました。そうした中で「自分のやりたいことができる」と感じた企業がRossoだったんです。入社して印象的だったのが、エンジニアが現場で経験したアーキテクチャやキャッチアップした技術を積極的に試していることでした。その中で得た情報やTipsを定期的に開催される社内勉強会でスピーカーとして、他の社員に情報を共有していく。SES事業にありがちな閉鎖的な職場環境ではなく、エンジニア同士が切磋琢磨してスキルアップを図っている、とてもオープンな会社です。齋藤 良徳入社当時は、VB.NET以外はほとんどわからなった私ですが、今ではモダンな開発環境に触れる機会も増え、プログラマーとして、そしてエンジニアとして成長していると実感しています。今の私の目標は、会社の事業を拡大することです。ひとりのエンジニアとしてスキルアップしていくことはもちろんですが、会社という大きなチームでなにかを成し遂げたいという気持ちが強くなってきています。ベンチャー企業がゆえにやるべき課題は山積みですが、だからこそ面白いと感じています。

挑戦できる環境があるからこそ、
成長し続けられる

システムソリューション事業部

インフラ構築運用部

Leader T.Y

吉田 哲也 入社して間もない頃、Rossoでは社内システムの開発メンバーを募っていました。早く職場に馴染めるように先輩がそのチームに誘ってくれて、一緒にサーバ構築を担当させてもらったんです。参考書を読んで勉強していたものの、実際に手を動かしながら作業してみるとわからないことがたくさんあって、悩んだこともありました。そんな時でも近くに先輩が居てくれて、質問しやすい環境だった事もありいろいろ教わることができたんです。この構築を通して基本的なサーバ知識が身についたと実感しています。また悩んでいた時には『何の為に今この作業をやっているのか』を考えることとアドバイスをくれたり、技術的なことだけでなく仕事をする上での考え方や心構えを同時に教えてくれたんです。今はあの頃よりもできることの幅が広がり、任される仕事の質が変わってきました。吉田 哲也最近ではセキュリティチームの先駆け的な存在になってもらいたいと上司に声を掛けてもらったのがきっかけで情報セキュリティの分野に挑戦しているところです。若手にもチャンスをくれる、本人の成長を評価してくれる、Rossoはそんな会社なんだと改めて感じましたね。壁にぶつかって悩んだ時も、先輩に教わった『何の為に今はこの作業をやっているのか』を思い出し、頭の中を整理しながら一つずつ課題をクリアしています。ゆくゆくは僕が社内セキュリティチームの中心となり周りを巻き込んでいけるようになりたいと思っているんです。